忍者ブログ

ネコの図書館

…「アイドルの探偵⁉」修正完了しました!「復讐という名の愛」修正中のため非公開です…
NEW ENTRY
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 12 1314 16 17 18 19 21 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

11/07/21:02  謎の目的


「ふむふむ……。それで、そのネックレスを探せばいいのね?」
 結局有香は推理にも話を聞いてもらった。
依頼は小さなリングの付いたネックレス。
大切な人からの贈り物で、絶対に見つけて欲しいそうだ。
「どこらへんで落としたの?」
 智が部長らしく質問する。
有香は少し考えてから答えた。
「えっと……多分、教室から放送室までの間だと思います。部活のときに見当たらなかったから……」
「じゃあ、とりあえずそこに行こうか」
 智がそう言うと、探偵部側の二人は立ち上がったが、有香は座り込んだままだ。
「どうしたの?」
 推理が不思議そうに尋ねる。
「あ、いえっ。何でもないですっ。行きましょう!」
 有香は何か考え事をしていたようで、推理に声をかけられたことで我に返った。
慌てて立ちあがって、先頭に立って部屋を出て行く。
推理たちは不思議に思いながらも、そのあとを着いて行った。

―廊下―

「おかしいなぁ……。この辺で落としたんだと思うんですけど……」
 有香は悲しそうな表情で探している。
「あ、これじゃない?!」
 健太が大きな声で叫んだ。
有香は一気に嬉しそうな顔になり、健太の方へと駆けて行った。
「あ、そうそう!これだよ!健ちゃん、ありがとうね」
 有香は満面の笑みで健太に微笑む。
健太照れ臭そうに頭を掻いている。
どうやら、見つかったようだ。
「お、見つかった?じゃ、帰ろうか」
推理と智はその様子を見て、部室への帰路へと着き始めた。
それに気づいた健太が慌ててその後を追う。
そしてその後ろを有香がゆっくりと着いて行く。
その表情は、一見嬉しいように見えるが、怪しい笑みにも見える。
有香の目的はまだわからない。


拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL