忍者ブログ

ネコの図書館

…「アイドルの探偵⁉」修正完了しました!「復讐という名の愛」修正中のため非公開です…
NEW ENTRY
05 2017/06 1 2 4 5 6 7 8 9 10 12 13 14 16 1718 20 22 2425 26 27 28 29 30 07

12/20/18:00  警部の巧みな話術

 しばらくして、食事が運ばれてきた。
「やっぱり、高広の料理はおいしいね」
 佳奈美はほおばりながら、にこにことしている。
高広は、照れくさそうにそっぽを向いた。
「そ、そうか?
「うん。確かにうまいなぁ!」
 警部も、驚くほど美味しいようだ。
「ありがとうございます」
 高広は照れながらも、頭を下げた。
「……それで、警部さん。私に何か話があるんでしょう?
 佳奈美はほおばりながら警部に話しかけた。
「ははは。やっぱり、君は気付いていたか。そうだよ。君に話があるんだ」
 警部の笑顔が真顔に変わった。
「私を疑っているんですか?
「違うよ。あ、悪いが、お店の人には聞かれたくないんでね、あちらの方へと言って頂きたい」
 警部は高広の方を向いて言った。
「……わかりました」
 高広はむすっとした顔をしながらも、しぶしぶと店の奥へと入って行った。
「それでね、君に話したいことっていうのは……いや、まずは名前から聞いておこう。名前は?
「川島佳奈美。警部さんは?
「俺は岡村知也だ。よろしくな、佳奈美ちゃん」
「……」
 佳奈美は自分から聞いておいて、興味がないというように、窓の外を見た。
「で、佳奈美ちゃん。……彼氏いる?
「は?
 佳奈美は予想外のことを聞かれたからか、知也の方へとふいに向いてしまった。
「話したいことって、その事ですか?
 佳奈美はいぶかしむような顔をして、知也を見た。
「え?ま、まぁ、そのことだけじゃないけど……。あ、もしかして、事件のことかと思った?俺は明音と違うから、事件のことは聞かないよ」
 知也はそういうとほほ笑んだ。
「……はぁ。そういうことか」
 佳奈美はため息をつくと、運ばれてきた料理に手を付けた。
「それで、彼氏いるの?もしかして、さっきのお店の人が彼氏?!
 知也は真顔で佳奈美に聞いた。女は、こういう普段とのギャップの顔に弱いのだろうか。
佳奈美はそんなことを考えながら、面倒くさそうに答えた。
「彼氏はいません。高広は幼なじみです」
「よかったぁ。なら、俺にもチャンスはあるんだな」
 知也はそういうと小さくガッツポーズをした。
「あなたにはあの女刑事さんがいるでしょう?
「ああ……あいつもね、いいんだけど」
「結局、誰でもいいんでしょ」
 佳奈美があきれたように言った。
「まぁね」
 知也はそういうと笑顔を見せた。女子ならだれでもこの笑顔にイチコロで堕ちるのだろう。
「はぁ」
 佳奈美はわざとらしくため息をつくと、再び窓の外へと目を向けた。
(……この人、話術がうまいね。話をそらして、さりげなくあたしの中に入ってこようとする。)
「でさぁ、話は変わるんだけど、佳奈美ちゃんに協力してもらいたいことがあるんだ」
 佳奈美は分かっていたというように、知也の方を見た。
「事件ですか?
「その通り。よく分かっているね」
 知也は佳奈美に向かって優しく微笑んだ。
「はぁ。そんな事だろうと思いました。いいですよ。協力してあげます。ただし、私がどんな口をきいても、怒らないでくださいね?今日みたいに、あの女刑事さんに色々言われちゃあ、さすがのあたしも嫌になります」
「もちろん!あいつにはきつく言っておくからさ」
 知也はウインクをした。
「了解しました。それじゃあ、私はこれで失礼します。岡村さん、お会計、お願いしますね」
 佳奈美はそう言うと立ちあがり、高広に手を振ると、店から出て行った。
「あ~……連絡先聞くの忘れたわ。ま、いっか」
 知也はそう独り言をつぶやくと、立ちあがり、レジの方へと向かった。
レジには高広が立っていて、どこか笑いをこらえているように見える。
「お会計は、2万円です」
「え?!
 知也はあまりの金額に驚きを隠せないようだ。
「だから、お会計は2万円です」
 高広は今にも笑い出しそうだ。
「あの子……だからここにしようって言ったのか……」
 知也は肩を落とすと、財布から1万円札を2枚出した。
高広は満円の笑みである。高広は佳奈美がなぜここに知也を連れて来たのか、わかっていたようだった。
「ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております」
 高広はお金を受けとると、頭を下げた。
知也は帰り際に手をあげて帰って行った。



拍手[1回]

PR

無題

学業は順調ですか?小説もいつも通りですね!読んでみて思ったのですが、文章力が格段に上がってますね!正直感銘を受けました。文章力を上げるには読書すること。日頃の努力の成果が出てますね。見てみると詩や歌詞も増えていて、全体的に充実してますね。小説は楽しみながら、ゆっくり読んでいます。なんだか暫くすると同じくらいの実力になるかもしれません。それぐらい上手いです。後は内容やストーリーを頑張るだけです。お互い頑張りましょう!!

Re:無題
ありがとうございます
学校では勉強が大変です…(汗)
授業についていけないわけではないですが、目指している大学に行くのに偏差値が全然足りていなくて…。
だから、こちらの更新はかなり遅くなるかもしれません(泣)
本当にすみません
2014/01/31 18:30
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL