忍者ブログ

ネコの図書館

…「アイドルの探偵⁉」修正完了しました!「復讐という名の愛」修正中のため非公開です…
NEW ENTRY
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 12 1314 16 17 18 19 21 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

03/04/21:40  残るは賢者達




 佳奈美は第二回戦を無事に終え、一回戦時よりも少しだけ狭い部屋に連れてこられた。
(ここが三回戦の会場か……。岡村さんは残っているかな?まさか……負け組の様子を知るためにわざと負けたりしてないよね?)
佳奈美が考え込んでいると、突然肩をたたかれた。
「佳奈美ちゃんも、無事に勝ったんだな。さすが、佳奈美ちゃん!」
「……岡村さん、驚かさないでください」
「とかいって、そんなに驚いてもいないくせに」
 知也は楽しそうに笑った。
佳奈美はその様子を見て少し笑みを浮かべる。
「私、てっきり岡村さんのことだから、負け組の様子を知るためにわざと負けるかと思いました」
「いやね、最初は俺もそうするつもりだったんだよ。でも、相手がすっげぇ弱い奴でさ。もしかしたら、俺が負けようとすることが読まれていたのかなあ」
 知也は残念そうにため息をつく。
「そうかもしれませんね」
 佳奈美は可笑しそうに笑った。

『えー、ようこそ、選ばれし賢者の皆様。これより、三回戦を始めたいと思います。司会進行は変わらずBでお送りいたします』

 
Bの機械音が会場に響いた。
周りを見ると、招待枠の者は全員、それ以外の4人が参加している。
計、12人だ。

『第三回戦は「アドベンチャーゲーム」です』





拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL