忍者ブログ

ネコの図書館

…「アイドルの探偵⁉」修正完了しました!「復讐という名の愛」修正中のため非公開です…
NEW ENTRY
09 2017/101 2 4 5 6 8 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

12/29/09:53  新たな事件



 春と知也と佳奈美の三人で話をした翌日。
佳奈美はいつもの通り大学の講義を終え、家に帰ろうとした。
しかし、そこへ春が青ざめた顔で佳奈美の所へ行き、小さな声で囁いた。
「あいつらに俺が情報屋をしていることがバレた。このUSBに俺の知っている情報すべてが入っているから、知也先輩に渡して。多分、俺の命はもうないから」
 春は小さく笑い、佳奈美に小さな袋を渡した。
そして、佳奈美の返事も聞かずに教室から出て行ってしまった。
「……は?」
 佳奈美は突然のことに驚きを隠せなかったが、言われた通り知也に連絡を取ることにした。

―プルルルルル……―

『もしもし』
「岡村さん、尾山田くんが、Arthurに情報屋ってばれたみたいで、USBを預かりました。今から会えますか?」
 佳奈美は淡々と事実を知也に言い渡した。
『は?え、それって春が殺されるってこと?』
「かもしれませんね……」
 佳奈美は小さくため息をついた。
知也が息をのむ音が小さく聞こえた。
『……詳しく聞きたい。駅前のカフェで集合だ』
「了解しました」
 知也は佳奈美の返事を聞くと、すぐに電話を切ってしまった。

―ップーップーップーップー……―

 無機質な金属音が耳音で鳴っている。
佳奈美はまたため息をつくと、電話を切り、カフェへと向かった。


拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL