忍者ブログ

ネコの図書館

…「アイドルの探偵⁉」修正完了しました!「復讐という名の愛」修正中のため非公開です…
NEW ENTRY
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 12 1314 16 17 18 19 21 23 24 25 26 2728 29 30 31 06

02/14/17:48  捜査資料から導かれる真実


 しばらくして、佳奈美は資料から顔をあげた。
「岡村さん、この男性の殺人事件もArthurが仕組んだことかもしれませんね」
「え……?」
 知也は何を言っているのか分からないような顔をしている。
「じゃ、今日は失礼します」
 佳奈美は一方的にそう告げると、その場を去った。
知也はその後ろを慌てて追う。
「ちょ、ちょっと、佳奈美ちゃん!それってどういうこと?」
「そのままの意味ですよ」
 佳奈美は面倒くさそうに答える。
「ちょっと、捜査協力してくれるんなら、俺らにも情報提供してくれよ」
 知也は必死で後ろをついていく。
佳美は突然歩くのをやめた。
知也は突然のことに驚いて、佳奈美にぶつかりそうになった。
「おっと……」
 佳奈美は知也の方へと振り返った。
Arthurは誰かを殺す気があるときは殺し屋を雇います。それか、憎しみの中に生きるかわいそうな人を利用するか、どちらかです」
「……つまり、この事件は殺し屋による殺人だから、Arthurの仕業だというのか?でも、そうは言い切れないと思うぞ」
 知也は真面目な顔で佳奈美に言った。佳奈美は少し笑みを浮かべた。
「先ほど見せていただいた、殺された森岡さんの資料ですよ。森岡さんはギャンブルにより多額の借金を抱えていたんですよね?それなのに、森岡さんは殺される前、借金取りに『もうすぐ1億円が手に入るから』と言った。それはなぜか?」
「誰かにその1億円をもらえる確証があったから」
 知也は佳奈美の代わりに答えた。
「その通りです」
佳奈美はほほ笑んだ。
「では、その1億円は誰からもらえる予定だったのか?それは、おそらく、殺される直前に待ち合わせしていた人間でしょう。すなわち森岡さんを殺した犯人」
「じゃあ、森岡さんは殺し屋と待ち合わせしていたということか?」
「そういうことになりますね」
「しかし、協力者がいたらそうとは言い切れないんじゃないか?」
 知也は不思議そうな顔をした。
「たったひとりを殺すのに、協力者なんて必要ですかね?ましてや、殺し屋なら協力者なんていらないと思いますよ」
 佳奈美は逆に不思議そうな顔をした。
「しかしなぁ……森岡さんを呼び寄せるために顔見知りが協力した可能性もあるぞ」
「その可能性はありません。殺し屋は顔を見られたらまずいですからね」
「そうか……。確かに、森岡さんは至近距離で背中を撃たれて亡くなった。そう考えると、やはり殺し屋単独での犯行になるのか……」
「そういうことです」
 佳奈美はそう言うと、小さく微笑んだ。
「だからと言って、この事件がArthurの仕業だとは言い切れない」
 知也は厳しい顔をした。しかし、対称的に佳奈美は余裕そうに笑った。
「あくまで、一つの可能性ですよ。じゃ、今日はこれで」
 佳奈美は軽く会釈をすると、出て行った。
知也は何かを考えているようだった。

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL